次は初心者でも理解できる知識を得てスタートだ!

初心者でもわかる信用取引について!

投資を始めたいと思っている人で、ハイリスクハイリターンの投資を行いたいと思っている人が中には存在します。そういう人は、信用取引きを行うと良いでしょう。
信用取引とは、頭金と株式を一定数保有しているということを条件に、証券会社や銀行等と信用関係を結んで、投資を行うという物です。運よ資金に関しては、頭金と株式の数によって左右されてきますが、貯蓄残高の倍額以上の投資が可能です。
はじめて投資をするという場合で、あまり自己資金がないという人にはおすすめの投資方法であり、初心者の人でも間単に行えるというメリットがあります。資金不足で悩んでいる人や、最初から大きな額を運用したいと思っている人には、かなり便利な方法です。

信用取引で注意すること

初心者の人で、信用取引を行うというのは確かに構いませんが、その分発生するリスクをよく把握しておかなければなりません。信用取引は確かに簡単に自己資金を増やすことができ、配当金を多く得る可能性を秘めていますが、投資が失敗した時のリスクはそれなりに大きい物です。
仮に自分が投資している株式が急落してしまい、信用取引を行っていたとすると、その時点で損失が確定してしまいます。これが、全て自己資金であれば問題はありませんが、信用取引の場合は、自己資金+借用額の損失が確定するので、非常に大きなマイナスが発生してしまいます。そこで、完全にマイナスになってしまうと、借金として抱えることになるので、このリスクは把握しておくべきです。

信用取引の保証金とは要するに担保のことです。証券会社に30万円以上の保証金を担保として差し出すことで初めて信用取引が可能となります。

© Copyright The Strategic Growth. All Rights Reserved.