まずは信用取引の怖さを知ろう!

信用取引とはどういう取引方法?

株や海外通貨取引には、様々な取引の方法があり、投資方法によっては莫大な利益を稼げる方法があります。その中で、リスクが高いですが、その分配当も大きいという取引方法があります。それが、信用取引です。
信用取引とは、自分の貯蓄を担保に入れることで、その倍額以上の投資が可能になるという方法です。簡単に説明すると、担保に入れて一時的に借金をするという形です。この信用取引の額は、場合によって変わってきますが、その殆どが倍額以上での投資が可能になるため、リスクはその分高くなってしまいます。数千円の変動で、借金を抱えてしまうこともあれば、莫大な利益を得ることも出来るため、投資に慣れていない人ではないと運用は難しくなります。

信用取引に潜んでいるリスク

投資を行う際に、取引方法について相談すると、信用取引を進めてくるという人も多く存在します。確かに、ギャンブラー向けの投資であり、安定をとっていない場合ですと、信用取引を選ぶというのも分からなくもありません。
しかし、信用取引にはメリットもありますが、その分デメリットの方が大きいとされています。デメリットは、借金をしてしまうということでしょう。倍額以上の投資が可能になるため、通常の運用資金が増えますが、借金ですので失敗してしまったらその分返済をしなければなりません。短期取引を行っている人なら、問題はないですが、長期スパンでの取引をしたいと思っている人は、運用し続けていると失敗する可能性を自ら挙げてしまうこともあり得る訳です。

信用取引の金利は、約2~3%です。キャッシングなどの15%に比べると非常に低水準ですが、数千万単位の大きな取引を行うと0.1%の違いも大きな負担差として現れるので要注意です。

© Copyright The Strategic Growth. All Rights Reserved.