後は日常の中に組み込めるぐらいに習熟して続けていこう

信用取引を日常に組み込む為に知っておきたい注意点

信用取引はハイリスクハイリターンな危険要素ばかりが取り沙汰されていますが、注意点を十分認識しておけば相場における手段が格段に増す便利なトレード手法です。
信用取引において知っておきたい注意点のひとつが、金利や貸し株料などのコストです。現物取引は売買手数料のみですが、信用取引においてはこれらのコストにも気を配らなければ思わぬ損失を招きます。
信用取引において特に気を付けたいのが追証です。追証の期限は、発生日の翌々営業日。この期日までに担保金を追加出来ないと現保有株式の全てが強制的に売却され、そのお金の一部ないし全てが返却に充てられます。証券会社によりますが追証発生を告知する画面が与える精神的ストレスはかなりのもの。辛い思いをしたくなければ、追証発生ラインには常に気を配りましょう。

信用取引を安全に行う方法を知ろう

信用取引を習熟したいのであれば、リスク管理が必須です。
リスク管理のなかでも特に大切なことがレバレッジ倍率の管理。日本の信用取引においては約3.3倍までレバレッジを効かせられますが、慣れないうちはせいぜい2倍を上限とすることが大切です。投資の原則は生活に影響を及ぼさない余裕資金だけを使うことですから、借金を背負ってしまうほどの高倍率レバレッジトレードは控えましょう。
もうひとつのリスク管理手法がロスカットです。ロスカットとは損失を確定させることで、精神的に辛いものがありますが、信用取引を使いこなす上で欠かせない手法です。どうしても自分で実行できないのであれば、自動売却が可能な取引ツールが有用です。あらかじめ損切りラインを設定しておくことで、勝手に売却してくれます。
いずれにせよ、安全なレバレッジ倍率を守り機械的にロスカットできる精神力を身につけることで、信用取引は頼もしい味方になってくれるはずです。

資産を有効に使って株式投資をすることが出来るのが株の信用取引です。証券会社に寄って金利や手数料が違うので、条件のいいところを選ぶとより取引がしやすくなります。

© Copyright The Strategic Growth. All Rights Reserved.